アレルギー症状について

アレルギー性鼻炎でお悩みの方へオーダーメードの治療を実施

スギ花粉症対策の基本は、症状が出る前から自分に合った薬を飲み始めることです。当院ではアレルギー性鼻炎患者さん用チェックシートを使用し、オーダーメードの花粉症治療を行っております。
通年型のアレルギー性鼻炎の方にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

重症度に応じた花粉症に対する治療法の選択

重症度は1日のくしゃみと鼻をかむ回数、鼻づまりの程度の組み合わせで決まります。
最も症状の重い方には場合により、ステロイド注射も行っております。要予約です。

予防療法

[治療開始時期] 花粉飛散予測日の2週間前から
[治療薬] バイナス

症状別
 症状治療薬
軽症 くしゃみや鼻をかむ回数が5回未満、少し鼻がつまるが口呼吸はない アレグラ、エバステル、アレロック
中等症 くしゃみや鼻をかむ回数が6~10回、鼻づまりが強く、口呼吸を時々する ゼスラン、ジルテック、オノン、シングレア、アラミスト点鼻薬、リノコート点鼻薬、インタール点鼻薬
重症 くしゃみや鼻をかむ回数が11~20回、鼻づまりが非常に強く口呼吸をかなりする セレスタミン、オノン、シングレア、アラミスト点鼻薬、リノコート点鼻薬、インタール点鼻薬
最重症 くしゃみや鼻をかむ回数が21回以上、一日中完全につまる セレスタミン、ザジテン、オノン、シングレア、アラミスト点鼻薬、リノコート点鼻薬、インタール点鼻薬

アレルギー性鼻炎治療薬(鼻アレルギー診療ガイドライン2009参照)

第2世代抗ヒスタミン薬
ザジテン®、アゼプチン®、セルテクト®、ゼスラン®、ニポラジン®、ダレン®、レミカット®、アレジオン®、エバステル®、ジルテック®、リボスチン®、タリオン®、アレグラ®、アレロック®、クラリチン®
ケミカルメディエーター遊離抑制薬
インタール®、リザベン®、ソルファ®、アレギサール®、ペミラストン®
抗ロイコトリエン薬
オノン®、シングレア®、キプレス®
抗トロンボキサンA2薬
バイナス®
Th2サイトカイン阻害薬
アイピーディー®
鼻噴霧用ステロイド薬
アルデシン®AQネーザル、リノコート®、フルナーゼ®、ナゾネックス®

じんましん、アトピー、喘息、花粉症や過敏性大腸症候群でお悩みの方へ

腸管バリアー強化療法

近年、アレルギー疾患や過敏性腸炎が増加傾向にあるようです。検査しても原因不明であることが多く、有効な治療法に乏しいのが現状です。症状を抑えるために、ステロイド剤、抗ヒスタミン剤、自律神経調節剤などを使用することもありますが、長期に連用していますと、副作用が心配になります。

腸内バランスを整えるプロバイオティクス

アレルギー疾患(過敏性腸炎もアレルギーの一種と考えます)は一般的に、体内にアレルギー物質(抗原)が侵入することにより、抗原抗体反応が生じて起こります。
アレルギー物質の侵入経路の一つが腸管と考えられています。腸内細菌叢(そう)(いわゆる善玉菌と悪玉菌)のバランスが崩れ、免疫機能に異常をきたすとアレルギー物質が簡単に粘膜バリアーを通過し、アレルギー反応を引き起こすのです。この腸内細菌叢を正常化するのがプロバイオティクスです。

プロバイオティクスは、腸内細菌叢のバランスを改善し、人に有益な作用をもたらす微生物です。プロバイオティクスの持つ「有益な作用」は、下痢や便秘を改善する善玉菌(乳酸菌など)を増やし、悪玉菌(病原性大腸菌や嫌気性菌など)を減らすことのほか、腸内環境の改善、腸内感染の予防、免疫力回復などが挙げられます。プロバイオティクスとしては、乳酸菌(ビフィズス菌、乳酸桿菌、連鎖球菌)や酪酸菌が知られています。このプロバイオティクスは、以下に述べるプレバイオティクスと共に摂取すると、より効果が期待できるといわれています。

プレバイオティクスは食品成分を指し、①消化管上部で分解・吸収されない、②大腸内の善玉菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する、③大腸の腸内細菌叢構成を健康的なバランスに改善し維持する、④人の健康の増進維持に役立つ、の条件を満たすものです。
現在までに、オリゴ糖(ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロース、コーヒー豆マンノオリゴ糖、グルコン酸など)や食物繊維の一部(ポリデキストロース、イヌリン等)があります。

ラクトフェリンで有害物質をブロック

また、ラクトフェリンという、鉄と結合して腸管から体内に運ばれるたんぱく質が免疫機能を高めます。ラクトフェリンは母乳に多く含まれていますが、その役目は新生児や乳児を有害物質などから守ることです。従って、ラクトフェリンを摂取すると、体に有害な物質(抗原や細菌)が体内に吸収されることを防ぎ、アレルギー反応が起こりにくくなると考えられます。
当院では米国メタジェニクス社から取り寄せている4種類のプロバイオティクスと1種類のラクトフェリン製剤を用意してあります。お悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

受付時間・アクセス

 日・祝
9:00~12:45 × ×
15:00~18:45 × × ×

東京都港区芝2-12-1 桑山ビル2F Googlemap

「芝公園駅」徒歩4分、「三田駅」徒歩7分
「大門駅」徒歩7分、「浜松町駅」徒歩10分

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長