ボツリヌストキシン治療のすすめ

多汗症、腋臭、歯ぎしり、眼瞼下垂でお困りの方へ

ボツリヌストキシンによる皮膚科治療を開始しました
(すべて自由診療です)

ボツリヌストキシンは末梢神経の末端に作用して、アセチルコリンの分泌をブロックして、筋肉の収縮と汗腺の機能を抑制します。その結果、筋力や汗の量が低下しますので、咬筋の過剰収縮により起こる歯ぎしりや汗腺からの分泌が亢進している多汗症の治療に応用されています。当院で使用するボツリヌストキシンは、韓国Medytox社が米国大手Allergan社と業務提携して作製したボツリヌス菌と同じ株由来のボツリヌストキシンA型製剤です。その特徴は、製造過程で動物性由来物質、人血清アルブミンを完全に排除した世界初の液体製剤であること、従ってトキシンの希釈過程を無くし、施術準備過程での細菌付着の危険性を最小化したことがあげられます。現在、米国で第三相試験が終了し、FDAの認可がじきに下りることが確実となり、安全性の面でも担保されることになりました。

次のような症状のある方にお勧めです。

1.汗が滝のように流れ落ちる、手や脇の下がびっしょりで不快であるなど病的に汗をかく、脇の下の匂いが気になる方
2.顔面神経麻痺や脳梗塞の後遺症で、まぶたが垂れ下がって視界がさえぎられている方
3.就寝中、歯ぎしりをし、歯がすり減ったり、睡眠が浅かったりする方

汗腺や筋肉のアセチルコリン受容体をブロックすることにより、汗の出を抑えたり、筋の緊張を弱めたりすることで効果を発揮します。眼瞼下垂は眼輪筋の緊張を弱めることにより、まぶたが開くようにします。

ボツリヌストキシンの効果は人によってですが、おおよそ半年ほど持続します。再治療は何度でも可能です。特に回数が増えることによる副作用はありませんが、頻回に行うと効果が薄れてしまうことがあります。医師と相談し、治療スケジュールを立てましょう。

治療費用(税抜き)

眼瞼下垂(片側)  10,000円
多汗症(額)   15,000円 
歯ぎしり(片側)  20,000円
腋臭(片側) 50,000円
  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長