クリニックブログ

2016.12.17更新

以前、インフルエンザワクチンに含まれる防腐剤の有機水銀についてお話しました。その有機水銀について、東北大の先生方が妊婦さんにおけるメチル水銀(有機水銀)の摂取と子供の運動機能の発達の関係を報告しました。それによると、メチル水銀濃度が最高レベルの母親の子供は最低レベルの子供と比較して、運動機能が5%低下するということです。運動機能と知能発達は関連していると言われていますので、子供にとってメチル水銀の摂取は少ないほど良いことになります。国は1週間あたりのメチル水銀の摂取量をマグロ換算で80(0.81ppm)gと設定しています。刺身一切れが15gなので、5~6切れ程度となります。ワクチン一回分には0.001ppmのメチル水銀しか含まれていませんので、いかに安全かということが解ります。調査によると、約2割の妊婦さんが1週間の許容量を上回っているそうですので注意したいです。メチル水銀はマグロ以外にキンメダイに多く含まれています。妊娠中や乳幼児にはイワシやサバの方がいいみたいですね。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長