クリニックブログ

2016.11.17更新

昭和脳という言葉を御存知でしょうか。

昭和脳
体育会系ど根性を美徳とする。ルールよりも人情、感情で動く。
考える暇があったらまずやれ。トライ・アンド・エラー精神。
仕事・会社への優先順位・忠誠度が高く、家庭よりも仕事が大事。上司や同僚に迷惑をかけられない。
テレビ、新聞などの大手メディアに慣れ親しんでいる。ネット情報を信用しない。

私の所属した医局は、バリバリの昭和脳集団でした。そこで私も指導を受けていたのですが、当時はどんなに辛くてもここを乗り切ればパラダイスが待っていると信じて頑張っていました。他の医局に移ろうとか、辞めようとかいう選択肢は全くありませんでした。若い時は、辞めたら家族や周りの期待を裏切ってしまうのではないか、次のところでもうまく行かないのではないかという強迫観念があるのかも知れません。これはある意味、自分で意思決定する力が弱いのかもしれません。自信がなく、不安になってしまうのです。事実、私も若い時は環境を変える勇気はありませんでした。でも、これは日本人はもともと、自立心を養う教育はされていない、つまり個よりも和を尊重する教育を重視しているからだと思います。米国にいた時、若い研究員がどんどん次の研究室を探して出ていくのを目の当たりにしました。より良い環境を求めて世話になった研究室をドライに辞めてしまう感覚は日本人にはありません。しかし、これからのグローバル社会では通用しませんので、行き過ぎた昭和脳は省みられなければならないのでしょう。マナーや礼節は日本人として基本ですが、もっと若い人に自立心を持たせる教育や指導をして、過労死を予防することが、われわれ昭和脳最終世代の役目と思います。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長