クリニックブログ

2016.07.26更新

「癜風と」書いて「でんぷう」と読みます。聞きなれない言葉ですが、皮膚の病気の一種です。毛穴に沿った炎症を起こし、かゆみを伴います。原因はマラセチア菌というカビの一種です。マラセチアと聞いて「ああ」と思われる方も多いでしょう。ペットを飼っている方は聞いたことがあるかも知れません。でも、犬などのマラセチア菌はヒトには感染しないようです。なかなか治りにくい湿疹(特にぼつぼつした発疹)はこの病気の可能性があります。胸や背中に多いようですが、顔や手足にもできます。よく、ステロイド軟膏を使っていて治らないという時に、マラセチアだったという話はよく聞きます。色は褐色や時に脱色して白っぽくなっていることもありますので、皮膚科を標榜しているクリニックに相談しましょう。

投稿者: みなと芝クリニック

2016.07.05更新

梅雨明けももうすぐというこの時期、暑い日はプールで泳ぎたくなりますね。そんな時に流行する風邪があります。いわゆるプール熱と言って、結膜炎を伴う風邪です。感染力が強く、家族内感染が起きやすいです。原因はアデノウィルスのB,E種で、2日間の潜伏期間をおいて発症します。症状のピークは3-4日で、自然に軽快しますが、内服するとすれば消炎鎮痛剤や解熱薬になります。飛沫感染や接触感染で広がるので、マスク着用、手洗いやうがいで感染を防ぐことができます。眼症状を伴う(目のかゆみ、眼脂など)風邪の場合はこれですので、内科のみならず眼科も受診しましょう。放っておきますと角膜が混濁することがありますので、注意してください。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長