クリニックブログ

2014.08.29更新

皆さん、ペストコントロールという言葉を聞いたことがありますか。日本ではあまりなじみのないもの?シロアリの駆除で聞いたことがあるかも知れません。害虫駆除のことをいいます。アメリカにいたときにペストコントロールは盛んに行われていました。アパートの周囲や研究所内の中庭には全くと言っていいほど、蚊がいませんでした。日本と違ってアメリカの虫は猛毒を持っていますので、生死に関わります。しかし、先日、日本でもデング熱の国内感染者が70年振りに発見されたというニュースがありました。しかも、代々木公園で蚊に刺された2名が発症したのです。デング熱はヒトスジシマ蚊(日本に生息)を媒介として感染しますので、デングウィルスを持つ蚊が代々木公園にいたということです。どういう経路でデングウィルスが侵入してきたかはわかりませんが、そこにいる可能性がある以上駆除しなければなりません。代々木公園のみならず、周辺の藪や植え込みの周囲なども対象になるでしょう。自宅に庭がある方は業者にペストコントロールを頼むと良いでしょう。東京都も蚊のサーベイランスを早急に行っていただき、市民に安心を提供して欲しいと思います。

投稿者: みなと芝クリニック

2014.08.22更新

今年もお盆が過ぎても蒸し暑い日が続いてますね。こう暑いと冷たいものを摂りすぎたり、クーラーに長時間あたって体調を崩される方がいます。症状としては倦怠感、食欲不振、手足の冷え、寝あせをかくなどです。冷たいものや冷気で末梢の血管が縮んでしまい、血行不良が起こることが原因の一つです。熱中症を予防するために、クーラーを夜間でも回すことが推奨されていますのでクーラーを控えるようにということも難しいですね。こういう時はうなぎでも食べて精をつけてなのでしょうが、既に胃も衰弱しており受け付けない状態です。暑い時はビタミンの消費も早いため、食事だけでは間に合わないので、適切なビタミン補充も大事です。そこで、当院では漢方やビタミンを駆使し、夏バテやクーラー病に対応しております。症状により漢方を使い分けたり、ビタミン注射やサプリメントの提案をもしていますので、ご相談ください

投稿者: みなと芝クリニック

2014.08.09更新

私が評議員を務める日本胆道学会は今年50周年を迎えます。それを記念して学会では記念誌を発刊することになりました。執筆者として歴代の胆道学会賞受賞者に受賞の背景とその後を書いていただき、今後の胆道学会の運営に反映させることになりました。幸運にも私も歴代受賞者でしたので、執筆依頼がきました。先月の25日に原稿締切でしたが、今年の11月に発刊予定だそうです。私の研究のこれまでのいきさつを書かせていただきました。今思うと、いろいろあったなーと感慨深げになります。開業医のわらじを履く一研究者としての在り方をこれからも示して行きたいと思います。発刊後、本ブログに公開しますので、楽しみにしてください。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長