クリニックブログ

2013.10.16更新

「DNA」と唐突なタイトルですが、難しい話ではありません。先日、学会の帰りに後輩たちと飲みに行きました。もう大学を去ってから早10年が経ちますが(正式には大学を退職してから7年)、未だに、当時一緒に汗水垂らした連中とは昔話や現状の憂い話に花を咲かせることがあります。彼らと話していると、私が在籍していた頃のことをしきりに自慢します。何を自慢するかというと、私が朝早くから夜遅くまで臨床と研究をしまくっていて、彼はそういうすごい先生に指導されたんだと、そして彼は私を見習って臨床と研究の両立を目指して切磋琢磨していると、彼の後輩たちに自慢するのです。そういえば、自分も猛烈に臨床と研究をしていた先輩先生に憧れて、この世界に入って頑張ろうと思っていた頃を思い出しました。大学から遠く離れても、私のDNAを引き継いでくれる後輩がいるんだなと感慨深いものがありました。これからはいずれ後輩の中にも開業したいという先生が出て来ると思うので、その時開業も研究もしているすごい先輩がいるんだとそういう先生たちの目標になれるよう、より切磋琢磨していきたいと思います。

投稿者: みなと芝クリニック

2013.10.05更新

先日、スタッフから突然、心遣いがありました。全く予期せぬことだったので、驚きでいっぱいでした。自分はクリニックを開いてから、自分のやりたいようにやってきました。そんな自分についてきてくれたスタッフには常に感謝の気持ちがあります。むしろ、私の方からスタッフに感謝の気持ちを伝えなければならないのに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。私は今でも時々、院長として恥ずかしくないようにやっているかどうか不安になります。スタッフにとって、私のクリニックで働いて悔いはないのかなとか、勉強になっているのかなとかいろいろ考えてしまいます。今の自分は、家族の支えのみならず、スタッフの支えがなかったらありません。これからも感謝の気持ちを込めて、日々診療を続けて行きます。ありがとう。

投稿者: みなと芝クリニック

2013.10.03更新

10月1日を持ちまして、東邦大医学部(大森)の客員講師に任命されました。私はここでも現在継続中の研究を行います。同期の先生の推薦によるもので、大変感謝しております。クリニック開業医が研究を続けて行くことは、場所や研究費の面、時間制約の面で至極困難なことです。幸い、私は先輩や同僚に恵まれまして、母校から離れた場所でも研究を継続できています。周囲の方々には大変感謝するとともに、早く結果を出さなければという責任感でいっぱいです。また、研究も場所を変えることでリフレッシュにもなり、大森という土地もいいところで、すごく気に入ってます。張り切って頑張ります。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長