クリニックブログ

2013.03.29更新

もう3月も終わりになりました。当クリニックの非常勤の看護師さんが勤め先が変わることになり、勤務継続が困難になる可能性があるとのことで、新たに非常勤の看護師さんの面接を行いました。自分は異動がないのですが、「ああ、異動の季節になったのだなあ」と実感する次第です。肝心の看護師さんは実務的には問題なく、とても素朴で穏やかな方のようでしたので、4月から来ていただくことになりました。非常勤でも新しい方が参入すると、何だか初々しい気持ちになりますね。自分で言うのもなんですが、ますます、みなと芝クリニックに期待ですね。

投稿者: みなと芝クリニック

2013.03.07更新

先日、ある地方自治体で救急要請のあった患者さんの受け入れを36回断られた後、隣の自治体の病院が受け入れたのですが、既に2時間以上経ており、お亡くなりになってしまった事件が報道されました。非常に痛ましいことですが、東京でも以前同様の事件があり、その対策として東京ルールなるものができました。5軒以上の病院で断られた、あるいは搬送先が30分以上見つからない時に当番病院が受け入れるシステムです。実際はそれでも、受け入れ病院に入院ベッドがない場合は応急的診断、処置をしてから他の病院に搬送します。これは2次救急の患者さんに対応しているのですが、私も当直業務をしていますと2次の情報で救急隊から連絡を受けても、実は3次の患者さん(高度救命医療が必要な患者さん)だったりすることがあります。従って、少ない情報でいろいろ推測してしまい、自分では対応が困難かも知れないと思った瞬間に専門医がいない、設備がないなどと理由をつけて患者さんの受け入れを断ることがあるのかも知れません。病院のキャパシティと当直医の技能によるところが大きいと思います。このような悲劇を繰り返さないためには、人まかせではなく、行政と病院が一体となって救急医療に取り組む姿勢が必要だと思います。

投稿者: みなと芝クリニック

2013.03.01更新

今日、51年目の朝を迎えました。別段いつもの朝と変わりがなく日常が始まりました。でも普段通りの日常がとても大切なのです。あらゆる世の中の出来事(事象)は日常の中で生まれます。日常の積み重ねが時に大発見を招きます。ようやく、日本国内においてiPS細胞による臨床試験の申請がなされました。再生医療の曙です。おそらく何年後かには、再生医療も日常の一コマになることでしょう。日常の重要性をしみじみ感じる今日この頃です。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長