クリニックブログ

2012.08.07更新

先日、脳血管障害などで筋肉の痙縮を起こしている患者さんの症状を緩和するため、ボツリヌス菌A毒素(ボトックス)による治療の講習会に参加してきました。現在、ボトックスを使用するには、ライセンス制が敷かれおり、講習会で認定される必要があります。私は以前、ケアミックスの病院に勤務しており、痙縮を有する患者さんを多数診てきました。介護をするにあたり、本人のみならず、介護士の苦労も相当あり、問題点の一つと感じていました。在宅介護されている家族でお困りの方にも、本治療が提供できるように考えておりますので宜しくお願いいたします。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長