クリニックブログ

2012.04.27更新

先日、読売新聞にコロンビア大学の日本人外科教授の記事が掲載されていました。誰もが不可能と考えられていた手術を成功させたということです。彼はその中で「例がないからこそやる価値がある」、「Noから始めない」というのを信条としているそうです。翻って、私は道こそ異なりますが、癌の研究を継続している立場から、この信条に共通点を感じました。一般に、癌は治るはずがない、癌を治すことは無理に決まっているという観念が研究者や臨床家の間にあるのは否定できません。しかし、それでは新しい治療法の開発はできないと思います。なぜ、無理と考えるのか、無理を克服するためにはどうしたらよいのか、そこを追及していく必要がある。前例にとらわれない発想を心掛けていきたいと気持ちを新たにしました。

投稿者: みなと芝クリニック

2012.04.19更新

私が2年目の研修医を終えるころ、ある病院の外科に配属されていました。朝の回診時に胃癌の患者さんの病理組織診断の報告書が戻ってきており、その内容について先輩医師(執刀医)が「ss, int, INFβと記載されているが、川本先生この意味知っている?」と聞かれました。答えられなかった自分が恥ずかしく(なぜなら消化器外科医を目指していた)、その後、大学院にいって病理学を猛勉強しました。この意味不明のアルファベットは実は癌の特徴(進行度や悪性度)を推測するものでした。おかげで外科医時代は病理標本を自分なりにみてから、結果を患者さんに説明できるようになりました。今でも病理所見を自分の目で確かめるために、クリニックに顕微鏡を置いている理由です。

投稿者: みなと芝クリニック

2012.04.13更新

先日のAACRから共同演者の先生が帰国し、その時の様子の報告がありました。私のポスターの前には30~40人の参加者が集まり、熱い討論を交わしたそうです。また、20人から原稿内容のコピーの催促があったそうです。もう、驚きの一言です。今まで、何回となく発表してきましたが、こんなリアクションは初めてです。うれしいと同時に、この分野(胆道癌の分子標的治療)の関心が米国内でも高まっているのだなと感じました。研究の意欲が更に高まってきました。早く論文にしなくてはいけませんね。頑張ります。

投稿者: みなと芝クリニック

2012.04.10更新

現在、私は月に2回ほど日曜日にある病院に手伝いに行っております。その病院では肛門科を主に消化器科を担当しているのですが、最近、生活習慣病外来をしてほしいと依頼があり、始めました。この組み合わせは奇異に感じられると思いますが、実は肛門疾患も生活習慣に大いに関わるのです。一般に生活が不規則な方ほど食事も不規則になり、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症になりやすく、また便秘がちあるいは下痢気味になる傾向があります。そのため、痔になりやすくなります。規則正しい生活を心掛けることが痔の予防になりますので、メタボの気があると言われた方は注意しましょう。

投稿者: みなと芝クリニック

2012.04.05更新

3月31日から4月4日まで、米国シカゴで米国癌学会議が開催されていました。今回、私自身は参加できませんでしたが、私がアメリカ留学の時から永遠に続けてきた研究内容の発表が行われました。私の共同演者の方にお願いしました。胆道癌に対する新しい分子標的治療に関する実験結果を報告しました。もちろん胆道癌に対しては新規治療法になりますので、米国の研究者の反応がどうであったか、興味津々です。彼らの帰国が待ち遠しいです。

投稿者: みなと芝クリニック

2012.04.03更新

先日、あるテレビ番組で東北の被災地の病院に37歳の先生が病院長に就任したニュースを紹介していました。彼は総合診療を専門とし、僻地での経験が豊富にあります。単身赴任だそうです。本当に頭の下がる思いです。まさに私自身が目指すのは、場所こそ異なりますが、このように幅広い領域の診療が行える医師です。実力がないとできません。日々、是勉強ですね。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長