クリニックブログ

2018.02.13更新

よくサバに当たったという話を聞きます。体験された方もいると思いますが、そういう方のほとんどはサバアレルギーがあると申告されます。しかし、その中でサバ以外の魚は平気という方は多いです。魚アレルギーは魚の筋肉内に含まれるパルブアルブミンに対するもので、このアルブミンは血合の多い魚には少ないとされています。従って、血合の多いマグロなどはアレルギーを起こしにくいと言われています。魚アレルギーを有している方は、最近の知見では手湿疹やアトピー性皮膚炎の既往があるという特徴があり、皮膚からアレルギー物質が侵入し、感作すると考えられるようになりました。皮膚症状は顔や首、口腔内に出ることが多いとされています。もし全身のじんましんで発症した場合は、魚アレルギーでない可能性もあります。いわゆるアレルギー性食中毒というもので、鮮度の落ちた魚に発生するヒスタミンが原因です。特に赤身の魚にはヒスタミンの素になるヒスチジンの含有量が多いため、鮮度が落ちるとヒスタミンが大量に発生し、食すとじんましんが生じるのです。サバアレルギーが無いかどうかは血液検査で調べられます。サバに当たって食べれないと思っている方は一度調べられることをお勧めします。

投稿者: みなと芝クリニック

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来