クリニックブログ

2017.10.10更新

2012年にプラズマサイトイド樹状細胞(以下pCD)という、ウィルス感染から体を守る免疫細胞の活性を高める乳酸菌が発見されました。ラクトコッカス・ラクティスJCM5805という菌株で、プラズマ乳酸菌と呼ばれます。この乳酸菌を摂取すると、小腸内でpDCがこの菌を捕食することにより、pDCが活性化します。すると、活性化したpDCから様々なインターフェロンという物質が放出され、これらがウィルスを攻撃するナチュラルキラー細胞、キラーT細胞、B細胞などを刺激し、ウィルス感染から身を守る仕組みです。今までもR-1という乳酸菌が知られていましたが、ウィルス感染の予防効果はプラズマ乳酸菌の方がより強力と考えられています。今冬はプラズマ乳酸菌を摂取し、インフルエンザやロタウィルス感染を克服しましょう。尚、プラズマ乳酸菌が含まれる食品やサプリはウェブで検索可能です。

投稿者: みなと芝クリニック

  • クリニックBLOG
  • お問い合わせ
  • Doctor's File ドクターズファイル vol.3154 川本 徹院長