クリニックブログ

2015.12.26更新

先日、厚労省から2016年度診療報酬改定において削減することが報告されました。主に薬価が削減され、医療本体は漸増します。すなわちどういう事かと言いますと、初診料や再診料がアップするのです。患者さんにとっては全体でみれば医療費は安くなるのですが、医療機関をいくつもはしごしますとその都度、初診料や再診料が請求されますので、その分負担が増えることになります。医療費を節約するためには受診する医療機関を減らさなければなりません。そうはいっても多くの方は複数の疾患を抱えていますし、疾患によって専門科を分けて受診することは大変面倒です。例えば糖尿病を患っている患者さんで変形性膝関節症を併発しますと、内科と整形外科をそれぞれ受診することになります。また、腰痛症と便秘症で整形外科にかかっているいる患者さんが血便を発症したときは消化器科を受診すると思いますが、痔であった場合は新たに肛門科を受診しなければなりません。患者さんにとっては手間ですし、お金もかかります。当院はこのような問題を一つのクリニックで解決することをコンセプトの一つとして、都心で立ち上げてやってきました。社会保障費が増大したこの時代こそ、当院のようなあらゆる疾患に対応できる医療機関が必要とされてきていると思います。当院を受診された場合は、気になることがあれば何でもご相談ください。きっとお役にたてると確信します。

投稿者: みなと芝クリニック


SEARCH



CATEGORY

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来