クリニックブログ

2015.06.19更新

日本では2年前よりピロリ菌感染のある萎縮性胃炎に対し、除菌治療が保険適応となりました。胃癌予防の観点から除菌者は増加すの一途を辿っていますが、患者さんから最近よく質問を受けるのが除菌後の再感染についてです。そこで最近の知見をお話いたします。現在の日本は水道事情が良くなり、井戸水を引用で使用している人はほとんど無くなりましたので(特に若い世代)、再感染はまずないと言えます。しかし、1年以内に再発した場合は、再感染というよりも除菌判定が偽陰性だったための除菌失敗が理由だそうです。従って、除菌したからといって安心はできないそうなので、1年後に再検をするのが望ましいそうです。一方、除菌後1年以上経ってからの再陽性は新たな感染をしたと考えられます。井戸水を飲用にしていたり、海外のピロリ菌汚染地域で生水を飲んだりすると感染することがあります。ただし、家族間では普通の接触をしている限りでは感染しませんのでご安心ください。当院では尿中ピロリ抗体の迅速検査(約20分)を行っています(自費で2000円(税抜))ので、どうぞお問い合わせください。

投稿者: みなと芝クリニック


SEARCH



CATEGORY

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来