クリニックブログ

2015.05.29更新

最近、季節がらでしょうか肛門のかゆみを訴える方が増えています。原因は様々ですが、多くはかくれいぼ痔のある方です。痔がありますと、排便時に多少脱出し排便後も完全に還納しませんので、十分便を拭ききれない、あるいはウォシュレットで洗いきれない便汁成分が肛門周囲の皮膚に炎症を起こしてしまうのです。もう一つの原因は、過去に痔の症状があり今は納まっている方、特に女性に多いのですが、肛門に皮垂といって皮膚にしわが寄って鶏のトサカのように飛び出ているところに炎症を起こしてかゆみや不快感が生じyていることがあります。治療はかくれいぼ痔があれば、ジオン注で治療し、皮垂があればこれを局所麻酔をしてトリミングをします。いわば、肛門美容外科といった感じでしょうか。もちろん、保険は効きますので安心してください。このような症状でお悩みの方がいれば、当院にご相談ください。

投稿者: みなと芝クリニック


SEARCH



CATEGORY

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来