クリニックブログ

2014.06.30更新

今朝、タレントのダンカンさんの奥さん(47歳)が乳癌の為、逝去されたニュースが流れていました。若年者の癌は今に始まったことではありませんが、働き盛りで子供を抱えている家庭が多いことから、大変深刻な問題となります。残された家族のことを思うと、胸がとても痛みます。癌は元々遺伝子異常で発生しますが、生まれつき異常を起こしやすい遺伝子を有していますと様々な環境因子などでその遺伝子が発現します。その結果、癌が発生しても体の免疫システムで異常な細胞と認識し排除します。しかし、何らかの理由(多くは加齢)でそのシステムが崩れますと癌は成長し、進行していきます。一方、免疫システムが過剰に働きますと、膠原病を代表とする自己免疫疾患にかかります。自分の正常な細胞をリンパ球が攻撃してダメージを与えるようになります。免疫が弱くてもだめ、過剰過ぎてもだめなのです。しかしただ一つ言えることはこのような現象は、いずれも子供の頃は起きにくいことです。すなわち、細胞が若ければ免疫のシステムは正常に保たれることが推測されます。細胞の若さを保つには不足しているビタミンを血液検査により判定し、不足分をまめに補充していく方法しか今のところないと思われます。このような治療が話題となっていますオーソモレキュラーダイエットなのです。この考えは非医学的かもしれませんが、この治療を受けている患者さんが良くなっているところをみると、一理ある考えなのかなと認識を新たにしています。

投稿者: みなと芝クリニック


SEARCH



CATEGORY

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来