クリニックブログ

2014.06.16更新

先日、ある権威ある学会誌に亜鉛と癌の発生率に関するメタ解析の結果が記されていました。それによりますと、大腸癌の発生リスクは亜鉛を10mg以上/日摂取している群に有意に大腸癌のリスクが減少したというものでした。アジア人に限定して解析すると、更に食道癌や胃癌のリスクも減少させることがわかりました。亜鉛の推奨されている一日所要量は男性で12㎎、女性で9㎎と言われています。亜鉛の多い食品は牡蠣、牛肉、ゴマ、小麦胚芽などです。亜鉛は皮膚の傷や発疹が治るときに必要な微量元素ですので、よくひびわれなどに亜鉛軟膏を使用します。食品でなかなか摂取できない方には当クリニックで取り扱っていますサプリメントが鉄分を主体に亜鉛を含みますので、薬の副作用が気になる方にはお勧めです。

投稿者: みなと芝クリニック


SEARCH



CATEGORY

  • Clinic Blog
  • Contact Form
  • みなと芝クリニック 女性サポート外来